異世界の冒険者≒アガシュラだと思ってて、嫌いなものは辻ヒールと辻ウィンドウォーク!! そんな気分で気まぐれに、徒然になるままに書くブログです。


05<<  2018.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

妖魔・木海月

Author:妖魔・木海月
えー、気まぐれにorzな気分で書いています。

好きな言葉は「疑心暗鬼」「性悪論」
嫌いな言葉は「性善論」……人間って汚ねぇもん。

嫌いなもの(ラテ内で)は辻ヒール(止まる。そして凹む)
辻WW(ラグってはしご登れなくてもう最悪)
他、別職からの範囲効果スキル。私にかけるくらいなら自分にかけましょうや。
つまり、人から施しを受けるのが嫌い。そんな捻くれ者。
他?長くなるので言わせないで(ぉいォイ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サクラ裂ク!!獄落彼岸日和~第5話 哀と憎しみと裏切りの防衛軍~
ハンプティ・ダンプティ塀の上、ハンプティ・ダンプティ落っこちた♪

王様達がやってきても、ハンプティ・ダンプティ戻せない♪



 ――う、うう……何だか体が重い。何か、吐き気もする……一体何をしていたんだっけ……
 あ、思い出した。確か何とか防衛軍のおっさんから変な戦隊の名前つけられて、黒い奴を助けるために無駄にテンション上げて外界人倒していたっけ……
 それでグレイの光球受けて、あー……そっからどうした?

 「おい、しっかりしろ!!」

 ……だれの声だ?あ、そうか。おっさん、迎えに来たのか。この程度でくたばるようじゃ、到底ビショップまではたどり着けないしな……ああ、俺も死ぬのか……おっさん。

 「しっかりするんだ!おい!!」



070414201314.jpg

獄落「はっ!!」

「良かった、気がついたか。」

獄落「お前は……外界人!成敗!!」

「ま、待ちたまえ!俺たちは話し合いに来たんだ!!」

獄落「話し合いだぁ?俺はぶっちゃけて言うと傭兵だ、そんな事聞く耳もt……」

「いいから聞くんだ!君は今奴等の洗脳に操られている、このままでは君は奴等の奴隷となってしまう。君もここに来てから何か違和感を感じているんではないか!?」

獄落「!!?」

「やはりそうだろう。そもそも俺たちは共存を願ってこの星に来た……なのに、奴等は…奴等は……っ!!」
070414201254.jpg


獄落「なっ……俺は騙されていたのか!?」

「そう、君は騙されていたんだ。そして、もし俺達を会話している所を見かけられたら……旅人は俺達のスパイとして処刑される。今までもう何人もの旅人がそうなってしまった……」

獄落「……!!じょ、冗談じゃねぇ!こんな所で死んで溜まるか!」

「そうだ!君は死んではいけない!!……一つだけ、君が生き延びる方法がある。奴等の基地から機密情報をここに持ち出すんだ。その中にここから抜け出す方法もきっとあるはずだ!!」

獄落「そうか。有難うよ……おかげで俺は死なずにすみそうだ……」





 ―地球防衛軍。機密倉庫内。

070414201316.jpg

獄落「はぁ……はぁ……これが機密情報だな。俺は……俺は、こんな所で死ぬわけには行かないんだ……おっさんのためにも」

 ―そうだ。俺は死ぬわけには行かない。おっさんのためにも……もうあんな事は二度と……


 ―二度と……



070414201319.jpg


 『ビーッ!!ビーッ!!倉庫内ニ侵入者!侵入者!』

獄落「やばっ、感傷に浸ってる場合じゃねぇ!!早く逃げなきゃ……」






070414201314.jpg

「良かった。どうやら無事だったようだね!!」

獄落「ああ……でも俺、なんだか盗賊になった気がするよ。」

「さあ、話は後だ。早く機密情報を……」

獄落「慌てんな。ほらよっ。」

「おお、まさしくこれは防衛軍の機密情報……!!」

獄落「ほら、持ってきたんだ。さぁさっさとここから抜ける方法を……」

「クッ、ククククク…………」
070414201317.jpg






070414201315.jpg


獄落「……なっ!!手前騙しやがったな!」

「うひゃひゃ!騙される方が悪いんだよバーカ!!くくっ、冥土の土産に一ついいことを教えてやろう……旅人がスパイとして処刑されるってのは本当の話だ……まー…お前が生き延びれるとは思えないがなぁ……ひゃーはっはっはっは!!」

獄落「けっ、手前に心配されるほど俺は弱くないんだよクソが!いつか手前ぶっ殺してやる!!!」


 ただそう一言、獄落荊否女は捨てせりふを捨て、拾い平原を闇雲に走り回っていた……


070408215613.jpg

メディン「見つけたぞスパイめ!!私から逃げられると思うな!!」

 パン!と軽い音が響き、獄落の足から血が流れ出した……

獄落「くっ……うっ…………」

メディン「さぁ、貴様の処罰はドクター中村が決める。来い!」

獄落「ぐぁっ!!手前、けが人をもっと手厚く扱え!!」







070408215641.jpg

中村「実に残念だよホワイト。君なら優秀な戦士になると思っていたのに、まさかスパイだったとはな……」

獄落「うっせぇ……手前らが勝手にスカウトしたんだろうが!何も教えずにな……」

中村「ふん!外界人に惑わされるような人間に言われたくは無いものだ。これではブラックも浮かばれん……」

獄落「!!ブラック……まさか…」

中村「ああそうだとも。彼は君を最後まで庇っていた。だが、君がスパイと分かってしまった今、彼も裏切り者として……成敗したとも。全ては正義のためだ。」

獄落「……はっ、お前等おかしいぜ……ルディブリアムを守っているなんて言ってるが、実際はどうだ……」

中村「何!?」

獄落「ルディブリアムの中心部にはビシャスプラントがいる……俺は知っている。ビシャスはお前等程度じゃ倒すどころか見つけ出すことも出来ないだろうがなぁ……」

中村「貴様、外界人からルディブリアムを守っている我々を侮辱するつもりか!!」

獄落「けっ……ここの奴等なんか雑魚だろうが。お前等程度じゃバーフィーにも勝てないだろうなぁ……だから、ここで弱い外界人を倒している事でルディブリアム守ってるなんて自己陶酔してやがる……反吐が出るな。くくっ……」

中村「ええい!黙れ黙れ黙れ!!ポーター、新兵器を用意しろ!ぶっつけ本番だ!!」

獄落「そうは……いくかよっ!!」
070414200805.jpg


ポーター「ぎゃっ!!し、新兵器が……壊れたぁ;;」

中村「貴様!足を撃たれていたはず……」

獄落「んなもんとっくの昔にヒールで治してるぁ!単純な手で引っかかってんじゃねぇぜクソが!」

中村「ええい、追え追えーー!!正義の力でスパイを倒すんだ!!」


『ヴィー!!ヴィー!!グンナイノゼンインニツグ!スパイヲタオセ!スパイヲタオセ!!コレハシジョウメイレイデアル!クリカエス……』




………


「くそっ、スパイはどこだ!」
「何としても見つけ出せ!我々の正義を見せ付けるんだ!!」


……


「くそっ、プルレンジャー達とは連絡がつかないのか!」
「現在彼等は外界人と交戦中!敵の数が予想以上に多く、苦戦している模様!!直ちに増援を!」
「くっそー、スパイさえいなければこんなことには……」






獄落「ふぅ、行ったか。あー、疲れた……」
「ああそうだな。俺もお前が出てくるのに疲れた」

070414201024.jpg

獄落「!!」

ケイ「安心しろ、俺はだれにも言うつもりは無い。……お前を許す気は無いがな。」

獄落「な、なんでだ?」

ケイ「本当はお前を今すぐこの手で始末したいさ。でもな、兄さんは最後までお前を信じていたんだ……」

獄落「兄…さん?まさか、ブラック……」

ケイ「そうだ。兄さんはお前を庇って処刑された。本当なら、今すぐお前をこの手で始末したいよ……」

獄落「……だったら、なぜそうしない。俺はお前に殺される理由はあるのに……」

ケイ「そんな事、兄さんは望んちゃいない。それに……お前はクレリックだな?」

獄落「……だったら、なんだって言うんだ。」

ケイ「クレリックはその性質上、ネクロマンサーと言う死者を蘇らせる術に長けた奴が偶に出るという……兄さんの遺体は冷凍保存しておいた。ゾンビになる事は無いだろう。」

獄落「……つまりあれか。俺を助ける代わりに、ネクロマンサーになったらブラックを生き返らせろと…」

ケイ「ああ、そうだ。だから……お前が死ぬことを許さない。分かったらさっさと行け。」

獄落「……すまない。」




ケイに生かされた形で、なんとか防衛軍から逃げ延びた獄落荊否女。はかして、彼女……もとい、彼の進む道は希望か、絶望か……



後悔はしていない。むしろ、こういう風なのを私は大抵書いてます(  ̄- ̄)
スポンサーサイト


コメント

亡霊が何の付箋なのか気になる(´・ω・)
[2007/04/27 22:35] URL | リン #dwSh5GNw [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。