FC2ブログ
異世界の冒険者≒アガシュラだと思ってて、嫌いなものは辻ヒールと辻ウィンドウォーク!! そんな気分で気まぐれに、徒然になるままに書くブログです。


12<<  2019.01 >>02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

妖魔・木海月

Author:妖魔・木海月
えー、気まぐれにorzな気分で書いています。

好きな言葉は「疑心暗鬼」「性悪論」
嫌いな言葉は「性善論」……人間って汚ねぇもん。

嫌いなもの(ラテ内で)は辻ヒール(止まる。そして凹む)
辻WW(ラグってはしご登れなくてもう最悪)
他、別職からの範囲効果スキル。私にかけるくらいなら自分にかけましょうや。
つまり、人から施しを受けるのが嫌い。そんな捻くれ者。
他?長くなるので言わせないで(ぉいォイ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サクラ裂ク!獄落彼岸日和~第2話 今こそ放て!必殺、藍染キーック!!~
眠れる木馬に 跨り向かうのは
月夜に燃え果てた 赤い廃墟のフェアリーランド


ALI PROJECT:S嬢の秘めやかな悔恨 より。


 ハインズの魔法により、女のような格好をさせられた獄落荊否女。
 彼女……もとい、彼はただ一人玩具の町ルディブリアムへとたどり着いた。

070402170257-a.jpg

獄落「あー、何だかのんびりしてて退屈だなぁ……玩具共をジャンクにしようとしたら他の奴等に怒られたし……ちっ、退屈だ……」

??「うひひ、そこのお嬢さん。」

獄落「あ?」


070402170257.jpg

ペトリシャ「そう、そこの暇そ~にしてる貴女!今貴女にとって置きの情報がありましてね……うひひ。」

獄落「誰が女だ熊公、俺は男だ!マジッククローでジャンクにしてやろうか?」

070402170309.jpg

ペトリシャ「え?男だったんですかい……うひひ、そりゃけったいなご趣味で……」

獄落「趣味じゃねぇ!!こっちだって好きでこんなもん来てねぇんだよ!!
本当にナメた熊だな……刻むぞ?」

ペトリシャ「まぁまぁ、それはいいとして一ついい話が有りやしてね……何でもその依頼をこなせば、ルディブリアムの秘宝が手に入るそうで……」


070402170310.jpg


獄落「秘宝ねぇ……ぶっちゃけ金は欲しいが、俺は敵から殺して奪う方が好きだな……」

ペトリシャ「まぁまぁ旦那。実はその秘宝……何でも、どんな呪も消せるという凄い品なんでさぁ……」

獄落「何!!?って事は、俺のこの格好も……よし、すぐにその以来出してる奴の名前教えろ!」

ペトリシャ「うひひ、そうでなくちゃ……依頼している奴の名前はハカセくん。時計塔の工場の西で木馬に乗っているみょうちきりんな奴でさぁ。」

獄落「へっ、それだけ聞けば十分だ。じゃあな熊公。」

ペトリシャ「うひひ…お気をつけて。」




 謎の熊、ペトリシャの助言によりルディブリアムの秘宝を持つというハカセくんのもとへと向かった獄落荊否女。
 だが、彼はここで思いもよらない苦行を強いられる事となるのを知る由も無かった……



070402192642.jpg

獄落「お、三角木馬に乗った変人玩具……手前がハカセくんか。」

木馬「ヒヒン!失礼な女だな。僕は普通の木馬だヒン!お前こそ三角木馬にのってやがれ。ヒン!!」

獄落「はっ、ほざいてろ馬風情が。それに俺は男だボケ!……それよりもハカセくん、お前の依頼、俺がこなしてやるぜ。」

ハカセくん「ん?君がやってくれるのかい……まぁ今は緊急事態だからな。君に任せよう。」

獄落「ああ。んで、俺は何をすればいいんだ?」

ハカセくん「ああそれなんだがね……この間、工場の重要な部品を忍耐マップに泥棒が隠したんだ。その泥棒が来る前に部品10個を回収して欲しい。」

獄落「げっ、よりによって忍耐かよ。忍耐なんざカニングのB2とジャクムだけで十分だってのに……」

木馬「ヒヒーン!これは難しい依頼だから、逃げるなら今のうちだヒン!代わりならいくらでもいるヒン!」

獄落「ケッ、他の奴等に報酬とられるのなんざゴメンだね。いいからさっさとそこに運べや。」

070402193732.jpg

獄落「ちっ、床がベルトコンベアか……勝手に移動して邪魔だな。」

「キャキャ、獲物ガ来タゾ!」「コイツモ血祭リだ!キャキャキャ!」

獄落「この……蜘蛛風情めが……時計の家の奴等みたいにアホ強化されてやがる……泥棒ってのは何モンなんだよ……」

「手前ハ知ラナクテイイ事ダ、ビシャス様カラモラッタ力。今ココデ……」「馬鹿!名前言ッテンジャ無ェ!ボケ!」

「誰ガ馬鹿ダト!?手前、タダ赤イクセシテ生意気ナンダヨ!」「何ダト!?貴様コソ生意気ダ!食ッテヤロウカ?ア?!」

「上等!!大体オレハ貴様ノ事ガ嫌イナンダヨ!!」「ンダトォー!?」

獄落「うわぁ、アホだこいつ等。まぁ、さっさと進むか。」

070402194142.jpg

「オーホホホ!!大事な部品は私が護っていますわ。これを渡すわけには……」
獄落「黙って渡せや!ジャンク風情がぁー!!」

 ドガッ! ボスッ! ベキャ!!

「ぎゃああぁぁぁぁっ!!痛い痛い!やめて、止め……ごふぁ。」

 フライパンでそこら中のゴミ箱をジャンクと化し、見事獄落は大事は部品を取り返した。

070402194402.jpg

獄落「ぜぇ…ぜぇ……疲れた。ほら、部品は取り返したぞ……ぜっ……」

木馬「ヒン!?てっきり血祭りになってるかと思ったのに、良くやったヒン。では報酬の移動速度の書をあげるヒン!」

獄落「はぁ!?書だと?ルディブリアムの秘宝はどうした!?」

木馬「えっ?何言ってるヒン、報酬は書だヒン。元々ペトリシャに頼んでいたのに、あいつ何やってるんだろうな……ヒヒン。」

獄落「ペトリシャだと!!?……あ、あの熊野郎…面倒くさいから俺に代わりをさせたって事か……ゆるさねぇ!!」


………

……




ペトリシャ「あ、どうでしたダンナ?ちゃんと秘宝は手に入って……」


070402170328.jpg

獄落「必・殺!藍染キーック!!

ペトリシャ「ぎゃああぁっ!!ぼ、僕のプリティフェイスがぁぁあああぁ!!

獄落「何がルディブリアムの秘宝だ!!手前、よくも騙しやがったな!」

ペトリシャ「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ!!綿が、綿がぁ……」

獄落「けっ、どうせ4月一日から綿貫の季節なんだから丁度いいだろ。4月一日に綿を貫くから四月朔日(ワタヌキ)って言うんだよ。
どうだ、いいトリビアだろうが。」

「こらっ、そこのお前!何をやっている!!」

獄落「やべっ、玩具共が来やがった!!逃げろーーっ!!」



ルディブリアムって色反転するとかなりホラーですよね( -_-)
スポンサーサイト


コメント

プリティフェイス

どこぞに同じようなこと言ってた悪鬼がいたような気がしないでもない
[2007/04/05 18:38] URL | リン #dwSh5GNw [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。